Archive

Archive for 6月 24th, 2014

光の方向と照明器具

照明器具は、設置する場所や目的の場面によって素材や形を変えることによって、光の出方を変えることができます。

これを光の”配光”といいます。

”配光”をうまく活用し、効果的な照明器具選びに役立てましょう。

【配光の種類】

直接照明 直接すべての光を物体にあてる照明器具です。
効率がよいが、天井が暗くなりがちなところがデメリットです。
半直接照明 直接の光と、シェード越しに上にひろがる光がでる照明器具です。
比較的効率はよい。直接照明と比べると天井が暗くなるのも避けられます。
全般拡散照明 全体をカバーで包まれた照明器具で、カバー越しのソフトな光を全方向に広げることができます。まぶしさも少なく優しい光です。
半間接照明 天井からの反射光とシェード越しの光が出る照明器具です。
ソフトな光が特徴で光を楽しめます。
間接照明 天井や壁からの反射光による照明器具です。落ち着いた雰囲気の印象をあたえます。