ライトの種類

照明器具に使われている、ライトの種類はいろいろあります。
LEDライトや蛍光灯、白熱灯などありますが、この3つがメジャーではないでしょうか??

このライトがなぜ光るのかというと、LEDは電流を流すことによって電子正孔が衝突し結合します。
そのことにより、電気エネルギーが発行してそれで、電気が光に変わるという仕組みです。高出力LEDなどの種類があります。色合いは昼白色などです。

次に蛍光灯は電圧をかけることによって電子が飛び出し、それが蛍光灯の中にある、水銀とぶつかり紫外線が発生します。しかし紫外線は目で確認できないですが、蛍光物質に当たって目に見える光となります。
蛍光灯には多くの種類があります。丸型やスパイラルの形などです。

白熱灯はフィラメントに電流を流すことによって、電気抵抗で高熱になり白熱します。色は多くの種類があります。
形はシリカやボールなどがメジャーであります。電気代は他の2つと比べる高いです。

LEDはかなり寿命がながく40,000時間もちます。蛍光灯はLEDの半分くらいです。白熱灯はかんり短いです。

これが私たちが使っている光の原理です。簡単に説明させてもらいました。

You can leave a response,or trackback from your own site.

Leave a Reply