照明の単位

照明を買うときなどに照明のW(ワット)数などをみますよね。
それを見たり、前使っていた型番を覚えて新たしく買うことってよくあると思います。

しかしもう少しだけ明るい電球を買おうと思ってもどれかわからないし、知らない単位がよく並んでいると思います。基本はW(ワット)数でわかりますが、それでも変わらないことや少しだけ電極が強くなるので、電気代だけが上がってしまったりと、ちょっと損した気分になります。
それを防ぐためとちょっと部屋のイメージを替えるための参考として単位と意味をご紹介します。

lm(ルーメン)
光を放つ量。すなわち光の明るさを指すものです。電球の種類などで数字が変化します。
日本語では光束です。

lx(ルクス)
光で照らされている物などの明るさで、面積の明るさなどにも使われている単位。
照度が日本語です。

cd(カンデラ)
電球から出ている光の方向にどれだけ出ているのか、光の強さを表すもの。光度とも言う。

W(ワット)
消費電力を表すもので、これで明るさなどが変化するものではありません。ものによるみたいですが・・・日本語では消費電力です。

これらを抑えておけば、部屋のイメージチェンジや部屋の明るさを調整できるようになるのではないでしょうか?

You can leave a response,or trackback from your own site.

Leave a Reply