照明器具と白熱電球

光は人の手によって生まれ、約2000年前までは木の枝や枯葉を燃やし、闇夜を照らす明かりとして誕生することで人々は夜間の行動が可能となりました。

やがては油を石器や土器などに入れるオイルランプに進化し照明器具が生まれ、電気エネルギーの発見により電球が登場します。

現代の照明器具に欠かせない電球を一般に普及させるほどに改良をしたのは、ご存知 発明の天才トーマス・エジソンです。

彼は1879年に木綿糸を炭化させたカーボンフィラメントを用いた実験で約40時間の連続点灯に成功します。

その後、エジソンは最善のフィラメント素材を探して6000種以上の素材を実験し、その中で竹の繊維が優れている事を発見します。
そして世界中の竹を調査した結果、京都八幡村の竹が最も優れている事を確認すると、この竹を使って実用化に耐える白熱電球を生産し、世の中に送り出す事に成功したのです。

この電球の発明が発表された当時「世界から夜が消えた」と表現されるように飛躍的に照明器具は進化をとげ

、私たちは暗い夜も、時間に縛られることなく安全な生活をすることが出来るようになったのです。

照明器具の目安

lm(ルーメン)という言葉を知っていますか??
lmとは電球の明るさを表しているもので、
当ページの照明器具の種類で紹介されています。

部屋の大きさによってlmが変わってきます。
もしあなたの部屋の大きさが4畳くらいの部屋になりますと、lmが2.700くらいと言われており、
6畳ですと3、200lm。8畳3、800lm。10畳4、400lm。12畳5,000lmです。

あなた自身の部屋の大きさによって、lmを確認して買うことをおすすめします。
もちろんlmだけで部屋の明るさを確認するのではなくWでも確認します。
lmとWをしっかりと確認しましょう。

もし買うときは、lmは単位になるので、数字の横に書かれます。
ジャンルとしてみたい場合lmを日本語にすると光束です。
知っておくと、買うとき確認が楽になります。

照明器具になりますと、lmはどれだけ部屋を明るくしたいか、ちょっと演出したいと考えるならlmを高くしたり、低くすることによって、イメージが変わります。
しかし、スタンド照明などは適正W数が設定されていますので、それを守り部屋を明るくするか、暗くするか考えてみたはいかがでしょうか。

 

照明の単位

照明を買うときなどに照明のW(ワット)数などをみますよね。
それを見たり、前使っていた型番を覚えて新たしく買うことってよくあると思います。

しかしもう少しだけ明るい電球を買おうと思ってもどれかわからないし、知らない単位がよく並んでいると思います。基本はW(ワット)数でわかりますが、それでも変わらないことや少しだけ電極が強くなるので、電気代だけが上がってしまったりと、ちょっと損した気分になります。
それを防ぐためとちょっと部屋のイメージを替えるための参考として単位と意味をご紹介します。

lm(ルーメン)
光を放つ量。すなわち光の明るさを指すものです。電球の種類などで数字が変化します。
日本語では光束です。

lx(ルクス)
光で照らされている物などの明るさで、面積の明るさなどにも使われている単位。
照度が日本語です。

cd(カンデラ)
電球から出ている光の方向にどれだけ出ているのか、光の強さを表すもの。光度とも言う。

W(ワット)
消費電力を表すもので、これで明るさなどが変化するものではありません。ものによるみたいですが・・・日本語では消費電力です。

これらを抑えておけば、部屋のイメージチェンジや部屋の明るさを調整できるようになるのではないでしょうか?

ライトの種類

照明器具に使われている、ライトの種類はいろいろあります。
LEDライトや蛍光灯、白熱灯などありますが、この3つがメジャーではないでしょうか??

このライトがなぜ光るのかというと、LEDは電流を流すことによって電子正孔が衝突し結合します。
そのことにより、電気エネルギーが発行してそれで、電気が光に変わるという仕組みです。高出力LEDなどの種類があります。色合いは昼白色などです。

次に蛍光灯は電圧をかけることによって電子が飛び出し、それが蛍光灯の中にある、水銀とぶつかり紫外線が発生します。しかし紫外線は目で確認できないですが、蛍光物質に当たって目に見える光となります。
蛍光灯には多くの種類があります。丸型やスパイラルの形などです。

白熱灯はフィラメントに電流を流すことによって、電気抵抗で高熱になり白熱します。色は多くの種類があります。
形はシリカやボールなどがメジャーであります。電気代は他の2つと比べる高いです。

LEDはかなり寿命がながく40,000時間もちます。蛍光灯はLEDの半分くらいです。白熱灯はかんり短いです。

これが私たちが使っている光の原理です。簡単に説明させてもらいました。

照明器具は

皆さん照明器具を毎晩のように使っていますよね。
夜になると絶対にいるもの1つといっても大げさではない。
何気なく使っている照明器具ですか、なぜ光っているのかとか考えたことはありますか?
それとどれだけ家に照明器具があるのか把握していますか?
まず門柱灯、玄関、外側と内側、廊下、リビング、キッチン、階段、寝室、トイレ。
他にも色々な場所で使われていますよね。
こんなにも使っているので大事なものです。

それと豆球などには様々な形があります、豆球の種類なども、
これらのことをまったく知らないけど生活のために、つかっているって人は多いでしょうね。
そのために当サイトはその照明器具の豆知識などをご紹介していきます。
知らなくても大丈夫なこともありますが、照明によって電気代が変わったり、照明器具の位置によって部屋を明るくなったり、それで省エネにつながったりします。照明器具は毎日使うものですからかなり省エネにつながります。

照明器具を買うならコネクト照明ショップ
インターネットショップ、コネクト照明ショップはしっかりとした、商品を安くことが買うことができます。それに品揃えもそろっているので、欲しいものがその場で買うことができます。おすすめの照明ショップです。